三日坊主が、田舎で仕事をつくる

田舎の通勤事情。満員電車に揺られなくていい暮らし。

こんにちは、満員電車に乗らない生活4年目、

もりむー(@m01imuu)です。 

f:id:morimuu:20180217181638p:plain

 以前は、

「仕事行きたくないな」と憂鬱なサラリーマンや

加齢臭がキツイおじさんとぎゅうぎゅうになりながらも、

満員電車に揺られて出勤したこともあります。

 

有名人のコンサート帰りの終電にあたってしまったことも

華の金曜日の終電で、酒臭い方々が隣や目の前に座られてイラっとしたこともあります。

 

たった10分~30分とはいえ、

毎日続くので、塵も積もってストレスになりますよね。

 

満員電車にあたらないように

30分早く家を出ても、まあ、三日坊主。

睡眠欲には勝てなかったことも良き思い出です。

 

田舎暮らし出勤は、空気が美味しい

それに比べて田舎暮らしは、

木や花を見ながら歩けるので、癒されます。

f:id:morimuu:20180217175127j:plain

 岩見沢市で通勤中に撮影

 

天気が良い日は最高です。

青空が気持ち良い。

 

f:id:morimuu:20180217174654j:plain

岩見沢市で通勤中に撮影

 

空気も美味しいです。

嫌な臭いもしない。

春には春の、冬には冬の訪れを感じる匂いが微かにするんですよね。

f:id:morimuu:20180217174459j:plain

岩見沢市での出勤中に撮影

 

冬の朝はパリッと寒すぎるくらいですが、

満員電車の空間にいるよりはずっとマシです。

 

深呼吸したくなる空気ですよ。

 

田舎暮らし出勤は、季節の移ろいを感じられる

出勤中に、季節の移ろいを感じることができるのが良いですよね。

 

夏の終わり。雲の形に秋を感じたり。 f:id:morimuu:20180217232314j:image天塩町の夕日

 

赤く色づく葉に目を向ける。

秋には、地面にイチョウが散っていたり。

もうすぐ冬だなあ、とか。

f:id:morimuu:20180217180442j:plain

■札幌市・北海道大学イチョウ並木

 

自然に負けて、出勤できないことも

本音を言うと、デメリットもあります。

 

天候に左右されて、出勤できないこともあるのです。

 

▼ 関連記事

【札幌~天塩】高速バス・特急はぼろ号に乗車中、突然の通行止め。対応は?払い戻しあり? -

 

雪でJRが運休!バスが運休!

自家用車をUターンして遠回り!

地域によっては、交通手段がなくなり、

早退や休講になる処置を取る学校もあるそうです。

天候によって、1日の予定が大幅にくるうことも。

 

自然には勝てませんね。

 

 

それでも、

「満員電車」のストレスを感じない暮らしもいいものですよ。

 

今までの人生、満員電車しか経験したことない方は、

季節の移ろいを感じながら通勤する生活も体験してみては!?

 

f:id:morimuu:20170503163220p:plain