読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にやりたいことが見つかるたった一つの質問

お金に愛される言葉 やりたいことを見つける方法 自分らしい働き方

「お金と時間を自由に使えるようになったらしたいこと
はなんですか」

 
{234465F7-D091-43AD-AFF9-5D08F2E235B6}





最近まで私は、



人生において無駄なもの

遊ぶこと



ゲーム

テレビ

旅行

飲み会

家族

の時間を削って





仕事と勉強を繰り返したら

幸せになれるんだと信じていた。



実力をつけて

多くの人を幸せにする結果を出して、

プロになって、

時間とお金を自由に使える人間になっているんだと信じていた。

 
 
だけど、違った。

未来を信じて、今を犠牲に追っかけても

埋まらない何かがあった。









お金と時間を自由に使えるようになったらしたいこと、欲しいものを書き出してみた

・赤い車でぷらぷらすること
 
・クラスバイクでぷらぷらすること

・たっぷり寝ること

・言いたいことを好き放題言うこと

・ひとと話したくないときには話さないこと

・目覚まし時計を使わず起きること

・行きたいときに、行きたい場所へ行くこと

・行ったことない場所へ行くこと

・でっかい本屋でワクワクする本と出会うこと

・お金と時間もなく我慢が多いひとに、希望を与えること

・落ち着くカフェへ行くこと

・欲しい服を欲しいだけ買う

・働きたいときに、働くこと

・好きな場所で、働くこと

・会いたいときに、会いたいひとに会うこと

・私の感性と創造性を生かした仕事

・今はない新しい何かを生み出すこと

・認められること









あれ?もう、叶ってるじゃん



例えば、
『でっかい本屋でワクワクする本と出会うこと』

小学生のときは、学校や区の図書館で借りる
中学高校生のときは、近所の本屋さんで購入、立ち読み
大学生になったら、札幌で一番大きい本屋で三冊購入
社会人になったら、東京の本屋や、ネットで冊数気にせず購入



お金がない子ども時代も、
ないなりに楽しく時間を過ごしていたんだ。

私、もう、やりたいことやっていたんだ。
 
少しずつ、本を買う金額と、買う場所が拡大しているだけ。






今の範囲で、

「やりたくないこと」をひとつずつ辞めて

「やりたいこと」をひとつずつ増やすこと

「やりたいこと」の規模を少しずつ広げること

それだけで十分なんだ。







最近は、出勤日数を減らす実験中

収入減る。

こわーい。

でも、お金と時間があったらしたいこと

お金も時間もないうちから

やっていいんだよ。

さあ、どうなるかな~




「本当にやりたいこと」は、「今やっていること」
 
 
そして、
 
 
「今やれているやりたいこと」を
 
 
「幸せ」というんだ
広告を非表示にする