読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっともっと自分を出さなきゃいけない。断捨離で気づいたこと【いじめ】【ぼっち】【孤独】

思い出を思い切って断捨離した

先日

引っ越しする為、断捨離しました。

 

使わないモノ(洋服や参考書)を断捨離して、

使わないけど、捨てられなかったのが

思い出の品

 

しかし、この記事を読み、決意。

www.miyahaya.com

 

 

小中高大の卒業アルバムも

写真も

名刺も

色紙も

手紙も

どっさりゴミ袋1つぶん捨てました\(^o^)/スッキリ

 

 

 

思い出を捨てて気づいたこと

それでも全部捨てたわけじゃなく、

ワクワクしたり、勇気づけられたりする写真・手紙は残したのですが、

ある共通点がありました。

 

捨ててもいいと思った写真

・小中学高校の写真

・自分にウソついて、ガマンして

・他人に気を遣って、合わせている時期の写真

・他人に言われたことをやっているとき

・制服の写真

・自分が嫌いだった頃の写真

 

残しておこうと思った写真

・自分たちで企画したイベント、キャンプの写真

・大好きな、心許せるメンバーに囲まれた写真

・浴衣など変わった衣装を着ている写真

 

大好きな服を着て、大好きな仲間に囲まれて、新しいことを企画している時期は、

私は楽しそうな顔をしていたし、

 

ガマンして、周りに合わせて、吐き出す場もなくて、

「生きづらいなあ」と感じていた時期の写真は、

もう思い出したくなかったので、全部捨てました。

 

 

まあ、そんな時期があったから、

多様な他人の気持ちもわかるようになれし強くなれたから感謝しつつ…

 

 

決めたこと。

 

 

もう嫌われてもいいし、

孤独になっても構わないから、

他人に合わせるの辞めよう。

 

どんどん自分を表現していこう。

 

他人の目を気にしている暇はない。

 

これ以上、捨てる写真を増やさなくていい。

 

残したくなる輝いている瞬間を増やそう。

 

morimuudesu.hatenablog.com