【北海道暮らし】初めての1人暮らしで、庭付き1軒家に暮らしてみた!?全然スローじゃないドタバタライフ

 

 

個性を活かして働く女性を増やす♡

もりむーです。 


現在、北海道の田舎で暮らしています。

f:id:morimuu:20161112183458j:image

 

初めての1人暮らし。

選んだ物件は、 

庭付き一軒家(平屋)でした。

 

貯金ゼロで良い物件と巡り合えた経緯はこちら↓↓

morimuudesu.hatenablog.com

 

 

メリット

①徒歩5秒で収穫した野菜が食卓へ

なんとその家は、以前住んでいた方が庭いじりが好きで、

野菜が生えてくる!!

 

アスパラ、白ネギ、青ネギ、バジル、トマト、

いちご、ブルーベリーまで!

f:id:morimuu:20161112183509j:image

 

アスパラなんて、あまり買わない野菜ですが、収穫して、サラダに添えたり、

ネギは味噌汁に、料理に添えたり、

朝は、ヨーグルトにもぎたてのブルーベリーをのっけたり。

 

自分で収穫して、すぐ食べるって、

高級食材使っているわけでもなく、凝った料理なわけでもないのに、

ああ、贅沢だなあ♡と感じる瞬間。

「食べる」ことが更に楽しくなりました。

 

 

 

②友人と気兼ねなくホームパーティー

 

引っ越してから、札幌から友人がたくさん訪れてくれました。

唯も買い物付き合ってくれてありがとう~

 

みんなで抜くと雑草抜きも楽しい。

 f:id:morimuu:20161112181729j:image

f:id:morimuu:20161112181754j:image

 マンションだったら、気遣うけど、

どんなに夜遅くまで、うるさくしても大丈夫!

 

GWに来てくれたみんな

f:id:morimuu:20161112181914j:image

 

地元のみんなf:id:morimuu:20161112183532j:image

てか、この日のいただきものクオリティやばかったなあ。

f:id:morimuu:20161112183612j:image

f:id:morimuu:20161112183616j:image

 

はあ~楽しかった♡

 

③音の豊かさ

 

実家は、国道前だったので、

深夜まで、救急車の音や、暴走族の音、常に車の音、飲み会帰りの騒ぎ声がしていた。

 

ここでは、車の音なんてほとんどせず、

聴こえるのは、風の音、蝉の音。

蝉の音を聴きながら眠るのは、キャンプの日の夜みたいで幸せでした。

 

 

 

④好きにDIYできる

当初は売りに出さず、壊そうと思っていたらしい空き家

大家さんから「好きにしていいよ~」とDIY許可が出たので、

釘で、壁にディスプレイ取り付けたり、

塗りなおしたり、楽しかった~

 

 

 

しかし!もちろん、デメリットも、、、

①すぐ虫が出る

虫なんて、新築でも、1階だったら出てきちゃうのですが、

古いから余計!

 

ハエや蜘蛛はまだかわいいもので、

 

夜、トイレをしていると、

目の前をサーーーーーーっと通り抜けるげじげじ(直径5センチ)

 

家に帰って顔を洗おうとすると、洗顔用の石鹸(甘い香りにつられたのか)に群がるアリ

 

シャワーを浴びていると、排水溝から出てくるなめくじ

 

キャンプで慣れているとはいえ、

毎日、虫さんと暮らすのは無理でした。

たまにでいい。

 

②お風呂が汚い、湯船に浸かれない

 

掃除は行き届いているのですが、

人が使っていた湯船に浸かるのは、やっぱり無理。 

 

イルミネーションの設営でカチンコチン

除雪でくたくたな冬でもシャワーしかないのは辛かった。

どうしてもお風呂に入りたくなったときは、車で10分程の温泉に行っていました。

 

 

③雑草抜き

 

みんなで雑草抜き♡とはいっても、

家一周、ぜーーーんぶ庭。

日々、伸びる雑草。

 

人生のベテランの皆様は、毎日手入れするのですが、

 

起業した当初で、

ただでさえ忙しい朝、

ただでさえ飲み会で遅く帰って疲れている夜、

忙しい日々(が好き)な私に雑草抜きまでやる余裕はなく、

 

住んで3か月程で挫折。

 

見かねて、

お隣の方が、電動草刈り機で刈ってくれました。感謝!

 

2年目は、罪悪感で、お隣の方に、

「いや、大丈夫です!やりますからやりますから!」と宣言したくせに

最終的には、ジャングル。

玄関の前だけ、はさみでチョキチョキしてました。

近所迷惑~

 

④雪かき

 f:id:morimuu:20161112182656j:image

一番、辛かったのは、コレです! 

 豪雪地帯で

バス停が埋まる、2階まで雪が積もる岩見沢

f:id:morimuu:20161112182612j:image

 

11月12月はじめくらいは、岩見沢住民で、雪の積もり具合をネタにして、フェイスブックに投稿。

「小さい子どもと雪かきしてます!」「ダイエット♡」と楽しんでいるのですが、年末~2月になると疲れて、みなさんフェイスブック上でも、仕事中でもイライラしはじめます(笑)

 

毎朝、毎晩、30分ほど雪かきしないと埋もれてしまいます。

 

夜、雪かきして眠り

朝、起きたら、、、

f:id:morimuu:20161112182915j:image

 夢かと思ったわ。

 

 

ただ雪をよけるだけだと、

届かないくらいの高さの雪山になって、

雪を積む場所がなくなるので、

計画的に積まねばならないのです!

 

 

どんなに飲んで、疲れて帰ってきても、雪かきだけはしなければならず、

めったに怒らない温厚な森村でも、ついに溜まりに溜まった怒りが爆発。

雪、コノヤローーーーーーーー!と叫んだり

あまりの疲れで、過去のネガティブな感情まで思い出して、

なんで私はこんなことしているんだろうと泣き崩れたときもありました。

 

恐るべし、雪!

雪かき、手伝ってくれた方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

虫や雪かきも含めて、

なかなか経験できないであろう思い出がたくさんできた暮らしでした。

 

庭付き1軒家暮らしで丸儲け

f:id:morimuu:20170503163220p:plain