【大人の発達障害】できないことだらけで生きづらい人でも、ラクに生きられる方法

 f:id:morimuu:20170520141005p:plain

「なんでこんなにできないんだろう」

周囲が当たり前にできることと比べてしまい、

「なんでできないんだろう」と自信をなくしたことはありませんか。

 

私もありました。

morimuudesu.hatenablog.com

 

子どもの時から、

家の鍵を持って出るのを忘れて、家に入れなくなって窓から入る

 

・2日連続鍵を忘れる日もある

 

・毎週忘れたことも

 

・社会人になってまでも、

 鍵を知り合いの車の中に落とし、窓から入るってこともありました。

 

・落ち着きがなく、映画も10分で退室

 

・考えるより、思いついたら即行動してしまう為、

 周囲に驚かれることもあるし、怒られることもある。

  

・話聴いてないの?と他人にイラっとされることもありました。

 

聞いてないのではなくて、速読のように、人の話を一瞬で理解する力があって、

1人の話を聴きつつ、他の6人の話も聴いて、場のコーディネートをしているわけで、、、。

 

それでも、

《人と違う自分、人と同じようにできない自分は、他人よりも劣っているんだ!》

《頑張って直さなければ!》と思っていました。

  

 

できないことを認めて、できる人に頼ればいい

でも、大人になって少し世界が広がって気付いたことは、

自分のできないことって、他人のできることなんですよね。

 

 

絶対に完璧主義で、

忘れ物がないか確認してくれるひとがいるとか、

 

 細かい作業をチェックしてくれるひととか、

 

得意なひとがいるわけです。

 

その人に任せて、

自分は自分の得意なことに集中できたら、自分も相手もHAPPYですよね。

 

でも、実際に1番難しいのは、できないことを認めて頼る勇気なんですけど、

勇気をもらえる一冊と出逢いました。

 

40代になって発達障害と宣告された漫画家の女性

f:id:morimuu:20170520135132j:image

さかもと未明さんというテレビのコメンテーターとしても有名な漫画家が、

子ども時代から、

部屋はゴミ屋敷で、落ち着きがなく、神経質で周りへの配慮ができずに怒られたり、のけ者にされるという発達障害でした。 

更に、40代で、膠原病という病気にかかり、

1日の半分寝たきりの状態に。

 

仕事が出来なくて稼げない状態のときに、医者である旦那様に出会い、

病気に効く温熱 マットをくれたり、

今では、仕事も料理も掃除もできないことだらけなのに、

寝て病院行ってお絵かきして、歌うたっているだけだけど

周囲のサポートのおかげで

幸せに生活できているというお話でした。

 

f:id:morimuu:20170520135203j:image

 

さかもとさんは、病気でどうしようもなくなったことがキッカケかもしれませんが、

プライドを捨てて、身近なひとに頼ったら、

こんなにもラクに生きれるということを再確認した一冊でした。

 

  

発達障害あるあるも、共感できることばかりで面白かったです。

まだの方は読んでみてくださいね!

1人で頑張っている人こそ勇気をもらえる一冊ですよ。

さかもと未明さん、素敵な本を執筆して頂き本当にありがとうございます!!

 

奥さまは発達障害

 

奥さまは発達障害

奥さまは発達障害

 

 

さあ、できないことだらけでも、

周りに頼って、ラクにいきましょう~

f:id:morimuu:20170503163220p:plain