三日坊主が、田舎で仕事をつくる

死にたい程、コンプレックスだらけで自分を嫌いだった私が、人生変わったキッカケ

こんにちは、

もりむー(@m01imuu)です。

f:id:morimuu:20170815184308j:plain

 

今でこそ、趣味が仕事になり、

講演したり、日本一周したり、

農産物のリブランディングをさせてもらったり、

本音を言える友人に囲まれ、

人生楽しんでいる私です。

 

しかし、 

高校生の頃までは自分が大嫌いでした。

 

今日は、

そんな私が、変わったキッカケを紹介しますね!

 

コンプレックスだらけの学生時代

f:id:morimuu:20170525174208j:image

■高校時代の証明写真

 

私は、小学生の頃から、

コンプレックスだらけ

自分が嫌いで、ダメ人間だと思っていました。

 

f:id:morimuu:20171129213935j:plain

ちび、デブ、短足、歯並び悪い、、、

運動できない、病気がち、飽きっぽい、受験失敗、母子家庭。

これといった長所もないし、夢中になれる趣味もみつからない…。

 

周りと同じようにできない。

 

死にたい、、、と思ったことも何度もあります。

  

 

高校時代に参加した地域活動が転機

f:id:morimuu:20171129212156j:plain

しかし、転機はやってきます。

 

高校時代に参加していた町内会活動で

2泊3日のキャンプがあったのですが、

 

なんと前日に、

リーダーがインフルエンザで来れなくなり!

 

急遽、

私がリーダーとして仕切ることになったのです。

 

結果、関係者と調整し、

大きなトラブルもなく、

参加した子どもたちにも楽しんでもらい、無事終了。

 

その時、

何ともいえない充実感に包まれました。

 

自分が今まで、短所だと思っていたこと

「1つのことに夢中になれないこと」

「飽きっぽい事」

 

その短所のおかげで、

全体を見渡せたり

プログラムを考えたり

タイムスケジュールを組み立てたり、、、

イベントを企画運営するうえで役立ち、

喜んでくれるひとがいたのです。

 

今では、

短所だと思っていた俯瞰力を活かして、

仕事まで頂いています。

 

短所を直そうとするのではなく、受け入れると人生変わる

f:id:morimuu:20170225194430j:plain

■講演会にて

 

例えば、私の短所である「飽きっぽさ」

 

以前の私ならそれをダメなことだと思って、

継続できるように直そうとしていました。

 

しかし、直そうとするのではなく、

「こういう特徴なんだな」と受け入れると

 

周囲のひとにも理解してもらえ、

飽きっぽさを活かした仕事にもたくさん出逢えるようになりました。

 

▼関連記事

【大人の発達障害】できないことだらけで生きづらい人でも、ラクに生きられる方法 -

【ADHDに向いてる職業】三日坊主に「催事での販売員」の仕事をオススメする理由 -

 

 

f:id:morimuu:20171119124950j:plain

最近では、

「もりむーはもりむーだよね」と

理解してくれる友人に囲まれ、

農産物のリブランディングの仕事を担当したり、

講演をさせて頂くことも。

充実した日々です。

 

コンプレックスだらけで自分を嫌いなひとは、

コンプレックスを矯正しようとすることを辞めましょう!

 

あれが足りない!

ここがダメだから!

まだまだだし!

そんな足りないままの自分でもいいんだ

 

そう考え方を切り替えるだけで、

夢中になることがでてきたり、

周りの人間関係も変わってきますよ! 

f:id:morimuu:20170503163220p:plain