三日坊主が、田舎で仕事をつくる

庶民の私がミシュラン料理店に行って気付いた、お金のブレーキを手放す方法

もりむーです。

 北海道在住ですが、

先日は、仕事で東京に行ってきました。

 

f:id:morimuu:20170708171615j:plain

今日は、皆さん、むっつり大好きなお金の話を。

出てくる、出てくる、臭い設定。 

 

庶民にANAはソワソワ

f:id:morimuu:20170708164256j:image

いつもは高速バスや、LCCで移動していたのだけど、

今回はANAでの移動。

飛行機代は、いつもの倍。

 

往復の金額を見て、 驚愕ですよ。

「えー私なんかが乗っていいのかな?!」

「飛行機代にこんなにお金払うなんてもったいない」

「何もしていないのに、申し訳ない」とソワソワ。

 

 

 

庶民にミシュランはソワソワ

f:id:morimuu:20170708164024j:image

ミシュラン1つ星を3年連続獲得した、料理店へ。

 

事前にHPを見て、

「え、1回の会食代でこの金額?!」

 

店員さんが荷物を預かってくれたり、料理を取り分けてくれて、

「取り分けたりしなくていいの?!」

「何も気遣いしなくていいの?!」

 

美味しい♡より、

「緊張」「何か手伝わなきゃ」「申し訳ない」という感情でした。

 

 

 

お金がないのは、自分で止めているから

 

「飛行機代に高いお金を払うのはもったいない」

「宴会では、自分が取り分け、気を遣わなければいけない」

「1回の食事にこんなにお金を払うのはもったいない」

そういう考え方だから、

お金がない人生なんだよ!

 

お金が入ってこないと嘆くひとは、

「お金が入ってきたら困る理由」がどこかにあるはずなのです。

 

何もせずに100万円をもらったとしたら?

もし、何もせずに、いきなりポーンと!

100万円をもらったとしたら、どう思いますか?!

 

恨まれる?

100万円以上貢献しなきゃと思う?

申し訳ない?

 

それが、あなたが「お金を自分で止めているブレーキ」ですよ。 

 

お金だけじゃなくて、

今欲しいと思っているものが、手に入らない理由は、

どこか自分の考え方に原因があるから。

 

心のブレーキを1つずつひっくり返していきましょうね。

f:id:morimuu:20170503163220p:plain