三日坊主が、田舎で仕事をつくる

移住・田舎暮らしの人間関係に疲れた人は、メンターに会ったり、本を読むといい!

f:id:morimuu:20171112180404p:plain

どうも、北海道の過疎地を開拓中

もりむーです。

 

何だかんだ田舎暮らしも4年目に突入しました。

 

ないものをつくる暮らし、

自然と共存する暮らしは楽しいけれど、

デメリットとしては、人間関係が窮屈で疲れたりすること。

 

常識を押し付けてくるひとがいる

www.miyahaya.com

地元から一回も出たことないひとって、狭い価値観の中で生きているんですよね。 

 

・電話じゃなくて、メッセージで連絡したら、

 「馬鹿にしてるのか!?直接会いに来い」とキレられたり、、、

・「女は早く結婚しろ」とアドバイスしてきたり、、、

・「会議中に携帯触るな」と言われたり、、、

・かといって、会議中に、人の噂話で盛り上がったり、、、

 

そこで反論してもしょうがないので、謝りつつも、

自分はこう考える!という軸を保つことは重要ですよ。

 

 

疲れた人にオススメの一冊 

多動力 (NewsPicks Book)

 

狭い価値観や常識を語る人ばかりに囲まれて、疲れた!面倒くさい!と感じたときは、

 

自分のメンターや、時代の先端を走っている人の声を聞きましょう。

講演会やセミナーに行けなかったら、本を読みましょう。

 

私は、今日は、堀江さんの本に救われました。

 

『電話をかけてくる人間とは仕事をするな』

電話というのは、一方的に人の時間を奪うものだ。

そういう前時代のツールを使い続けているような人とは、付き合わない方が良い。

 

 

『大事な会議でスマホをいじる勇気を持て』

自分が参加する必要もない打ち合わせに出て、上司の話をボーっと聞いている。そんな「他人の時間」を生きるくらいなら、打ち合わせ中にスマホで気になるニュースを読んだり、LINEやメールを返して「自分の時間」に引き戻した方がいい

 

 

永遠の3歳児たれ

 

「やりたいこと」ではなく、「やらなくてはいけないこと」をするように矯正され、バランスの取れた大人になる。

 一方で、成功している起業家やクリエイターは、好奇心旺盛な3歳児がそのまま大人になってしまったような人が多い。…だから50歳になろうが、60歳になろうが、興味があることに脇目も振らず邁進する。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

他人の目を気にすることに疲れた人こそ、

自分の時間を引き戻しましょうね! 

f:id:morimuu:20170503163220p:plain