三日坊主が、田舎で仕事をつくる

地方で仕事は見つかる!?webディレクターから地方へ転職した女性(27歳)の体験談

こんにちは、北海道暮らし中、

もりむー(@m01imuu)です。

f:id:morimuu:20171130093914p:plain

今回は、

東京でのベンチャー企業→地方への転職活動に苦労した、

モンシロチョウさんにインタビュー!

 f:id:morimuu:20171130094523j:plain

モンシロチョウさん

東京生まれ、東京育ち。

ベンチャーにてwebディレクターを経験。

結婚を機に、27歳で東京から離れた。

現在は、浜松市内の大企業(鉄道会社)でweb系の企画業務をしている。

 

27歳で、結婚・旦那さんの異動を機に、

地方に転職

転職活動に苦労したリアルな体験談をご紹介しますね。

 

結婚を機に東京のベンチャー企業を退職

ご結婚おめでとうございます。ただ地方での転職活動は大変だったんですってね。

ありがとうございます。 結婚して周りから祝福されましたが、当時は、転職活動が大変でしたね。

何系の企業でしょうか。

転職前は東京のWeb系のITベンチャーwebディレクターをしていました。 転職後は地方の大企業の鉄道会社というかんじです。 前職はエンジニアもしていましたが、管理部で社員とエンジニアの通訳というか、橋渡し役のような業務が主でした。 今の会社でも、同じように管理部の仕事が主です。社員の要望や会社の方針をもとにIT関連の提案をしているので、「webディレクター」という肩書ではないものの、やっていることの本質はあまり変わっていないです。

ベンチャーでの仕事は、結婚がなければ続けていましたか。

モンシロチヨウ:新卒で入社だったので、最初は成長を感じられて楽しかったのですが…。月60〜80時間の残業が当たり前だったので、最後の方は辛かったです。 月20時間の残業代しかもらえず、いわゆるブラックベンチャーでした。 ただ人間関係は問題なく優秀な人が多い良い職場で、大変刺激となっていました。 身体がついていっていれば、そのままいたかったような気もします。

何歳のときに、ご結婚・地方に転職でしたか。

27歳でプロポーズ、入籍、結婚、転職、引っ越しを一度に経験しました。

27歳で地方に引っ越しすることになり、悲しくはありませんでしたか。

相手は新卒から地方の会社で働いていたので、結婚するなら転職や引っ越しは必須だと思っていました。ですから、特に驚きも悲しみもなくというかんじでしたね。 彼は大企業だったので、簡単に辞めるわけにはいきませんでした。その反面、私はベンチャー勤めという職種柄どこでも働けそうな気がしていました。 お互いとくに相談もなく、私が当たり前に転職する流れになっていました。 ただ当然、仕事が見つかるかどうかの不安はありました。

 

地方のベンチャー就職への道のり

 

地方で転職したいと思える企業はすぐに見つかりましたか!?

転職活動は半年くらいかかったと思います。

半年ですか。よく頑張りましたね。

そうですね。正直コンビニのアルバイトをしようかと考えた時期もあります。 その方が気が楽なのかなと。

それでも就職活動を続けたんですか?

今自分のしたいこと・今自分ができること、精一杯やりたいと考えてましたから。 最初はリクナビとか大手の転職サイトや転職エージェントに、かたっぱしから登録しました。でも、全然良い求人が見つからずに本当に苦労しました。

地方の求人は、工場勤務とか車関係の求人ばかりでした。私はWeb系にしか興味がなく、希望の求人はほぼゼロ。 そもそも求人数も少なかったので、思うような職がその中にあるのは、奇跡が起こらない限り無理かなと。 そう思いながらも、マイナーな地方特化型の転職サイトにも登録してみたりもしました。その奇跡を求めて。

挫折しそうになりませんでしたか?

はい。私、昔から諦めが悪いタイプなんです。 最終的には、藁にもすがる思いでUIターン支援センターに足を運んでみました。そこで奇跡が起こったんです。

奇跡…ですか?

はい。奇跡です。 そこで新卒の集団説明会にもぐりこませてもらったんです。ある意味、運ですよね。 その説明会は新卒採用の終わりの方で、ある意味残り物の新卒向けの説明会というかんじでした。 そこで前職の業務内容と似た仕事ができる会社に即決まりました。 ちょうど説明会には人事の上の役職の方がいらっしゃったので、そこから浜松に一度行き、いきなり最終面接で入社が決まるという流れでした。

よく説明会に潜り込めましたね

私の担当の方がたまたまセンター長だったのですが、その方からの提案でした。 おそらく権限を持っていたのもあるでしょう。

たまたま担当の方がセンター長だと言っても、誰もがそんな運つかめませんよね?

ほんとに運がよかったです。センター長は、第二新卒が有利と言っていました。

企業が求める人物像

 

それに、私の前向きな姿勢に好感を持ったと言って下さいました。 私の「web関係の仕事がしたい!」という強い気持ちに好感を持ってくださったようです。 仕事に就ければなんでもいいと考える方が多い中、この仕事がしたいんだという強い信念が人や仕事を惹きつけるとおっしゃっていました。

たしかに前向きな人は、何かしら輝いていますね。後ろ向きだったり、投げやりな人に魅力は感じませんね。

 

ですよね。 ですから同じように悩んでいる人が何人もいたけれど、無理に空けられる枠がほぼない状態の中、私を選んで下さったらしいんです。ありがたいですよね。 本当に実感しました。自分の足で必死に行動するべきだって。

 

 

地方で仕事を見つけるには、行動し続ける

前職のwebディレクターという肩書ではないものの、社内で似たような業務ができる企業と出会えてよかったですね。

はい。今の仕事はとても楽しく、良い部署に配属されたなと感じます。人間関係にもめぐまれ、地方にもだいぶ慣れました。 ただ、前職と業界が全然違うためか、給料もかなり低い状態です。でも、祝日は出るときもあれば休みもいただけます。本当は祝日完全休日にしたかったのですが。 やはり、人間は歩み寄りが大切ですよね。給料と休み以外はとても満足というかんじです。

運というか、巡り合わせというか、それを掴めたのは、やはり行動力でしょうか?

それに尽きます。卑屈になっていれば人を遠ざけます。悩んでいる人を見ても、誰の目にも魅力的には映りませんよね。 『なんで就職できないの?私ってかわいそう。』なんて考えていると、余計に悪化していくと思うんです。負のオーラです。 就きたい仕事がなければ、それを探す行動を起こさなければ出会えない。出会いを求める男女と同じですよね。 新卒の集団説明会に行ったのだって、「私、新卒じゃないから無理かも。」と悩んでいたら行けなかったと思います。それと同様です。 行ってみればなんとかなるものですよ。なんとかならなければ、そのあとで考えればいいと思うんです。

 

それにしても、モンシロチョウさんの、

新卒と混ざって戦う行動力はすごいですね!

地方でやりたい仕事を見つけるには、

 

❶地方の求人情報は、大手のサイトにはあまりのってなく、

自分の足で情報を得る

 

❷「企業名」「職種」「肩書」で検索しても見つからなかったけれど、

その枠を外して、

「したいこと」「できること」「やりたい業務」から見てみる

 

が重要です。

 

そうすれば、色んなものを吸収し、

人との出会いさえ呼び寄せるんです。

 

人とのつながりが新しい情報や仕事と出会わせてくれますよ。

 

f:id:morimuu:20170503163220p:plain