三日坊主が、田舎で仕事をつくる

アラフォー独身女性。肩身の狭いあなたに読んでほしい本

こんにちは、

もりむー(@m01imuu)です。

f:id:morimuu:20180212115906p:plain

ある年齢を過ぎると、

取引先や上司、家族や親戚から、 

「早く結婚しなさい」

「良い人いないの?」

「紹介するかい?」

 と会うたびに言われ、

ウンザリした経験がありませんか。

未婚女性は肩身が狭いですよね。

 

そんなウンザリした時に、共感した本をご紹介します。

 

コンビニ人間村田沙耶香

 

36歳未婚女性、古倉恵子。

これまで彼氏なし。

コンビニのバイト18年目。

そんな姉に対し、妹は泣きながらこう言う。

「お姉ちゃんはいつになったら治るの?」

「もう限界だよ…どうすれば普通になるの?いつまで我慢すればいいの?」

「普通」ではない彼女を心配し、矯正させようとする家族や同僚と、

彼女の心境を描いた作品。

第155回芥川賞受賞作。

 

この本を読んで、

妹が押し付けてくる「普通」って何だろうと思わされました。 

 

一昔前の世代だと、

「家庭を持てば一人前」

「女性は結婚すれば幸せ」という価値観を持っている人も多いです。

 

既存の常識や風潮で人を見るのではなく、

もっと奥の、本音のところ。

その人の本質で話をしたいんですよね。

本質に対して質問してくれる人と関わっていたいし、

そんな人であろうと身を引き締めました。